今日は阪神大震災から10年目です。10年前の出来事・・・忘れてはいけないことです。
私は東京に住んでますが、この地震で知り合いを亡くしました。悪夢のあの日、私は朝のニュースで震災を知りました。私は20年以上の宝塚ファン。震災当日映る映像は神戸や淡路島ばかりでした。宝塚の情報が入ってきません。そんなとき友達からの1本の電話がありました。
「ねえ、○○ちゃんの代表が亡くなったの聞いてる?」それは私が当時応援してた娘役の私設FCの代表が亡くなった話でした。「えっ?!」聞いたとたん声が出ませんでした。友達は別のほうからその情報が入り、「○○ちゃんがショックで泣いてる」とも教えてくれました。信じたくない私は電話をくれた子に「おねがい、死亡者名簿しっかり見て。うそだと思うから」と頼み他の子にもお願いしました。
そして次の日、ようやく宝塚の情報も入り不安だった私は東京の代表に連絡して聞きました。そこで初めて亡くなったことを聞きました・・・電話を切ってから友達に電話したときに泣いてしまった私。(ファンの方で亡くなられた方はいらしたようですが、私設FCの代表が亡くなったのは彼女だけでした)
宝塚のほうは劇場の建物は前年に新しくしたので倒壊はしませんでしたが、フプリンクラーが作動して劇場が水びだしに。そのとき公演していた安寿ミラさよなら公演「悲しみのコルドバ・メガ・ヴィジョン」が公演中断。月組公演は丸々中止(震災のあった日は月組のチケット前売りの日でした)ドラマシティー公演「グッパイメリーゴーランド」や東京特別公演も中止となりました。でも宝塚の復興は早い。中断されてた花組公演が歌手細川たかしさんのご好意により自分の公演を削って大阪飛天(現在の梅田コマ)で上演。2月の星組中日劇場公演「若き日の唄はわすれじ・ジャンプオリエント」でまず再開。被災者に希望を与えました。3月の東京公演も上演。そして大劇場復興は初舞台生を引っさげた麻路先トップお披露目公演「国境のない地図」で幕を明けました。この間テレビで安寿さん・真矢みきさんが震災当時の思い出を語ってましたが、宝塚大劇場で卒業してない安寿さんのためにファンの署名を集めて、宝塚大劇場でさよならショーだけ開催しました。私ももちろん署名しましたよ。
あれから10年。1995年に初舞台を踏んだ生徒はもう研究科10年です。私たちの中で絶対に忘れてはならない震災です。この震災で亡くなられた方のご冥福を祈ります・・・